田中明彦政策研究大学院大学学長によるENA講演会

  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
2018年5月25日(金)、ストラスブールを来訪した田中明彦政策研究大学院大学(GRIPS)学長は、フランス国立行政学院(ENA)において、日本と日本の周辺国との関係に触れながら、東アジア地域の現状についての正確な理解と関心の向上に向けて講演を行いました。数値や図を用いた明快な説明と、学生から発せられた様々な質問に対しての丁寧な回答に、同校学生及び教員の双方から賞賛の声が聞こえました。
このような講演会を通じて、日本を取り巻く東アジア地域の現状について、より多くの方々の正確な理解が得られることを期待します。