天皇誕生日祝賀レセプションの開催(2024年3月26日)

令和6年4月3日
  
  
 

 3月26日(火)、天皇誕生日祝賀レセプションが、約270名の招待者の出席の下、総領事公邸において開催されました。  レセプションは二部に分けて行われ、欧州機関、地方自治体、文化・学術機関、パリ及び地元の日本企業等からの参加により、広い分野に渡る日本と当館管轄地域の強い絆を再認識させる機会になりました。また、現場にはナンシー市姉妹都市の金沢市とストラスブール市とパートナー協定を結んでいる鹿児島市、そしてアルザス欧州自治体(CeA)のパートナーである岐阜県の計3自治体の魅力を紹介するブースが設置されました。
 第二回レセプションでは、内田総領事のスピーチに続けて、ミシェル・デネケン・ストラスブール大学学長からも一言があり、ストラスブール大学の学生の日本語に対する熱意に言及し、国際的な混乱期に対処するために日本の回復力からインスピレーションを得たいと表明しました。