婚姻届(戸籍・国籍)

日本方式による日本人間の婚姻

 外国にいる日本人同士が婚姻しようとする時は,本邦で市区町村役場に届け出る場合と同様,その国にある在外公館に届出をすることによっても婚姻が成立します。
   
◆必要書類  
1 婚姻届(窓口に用紙があります)
   届出用紙のダウンロード
   記入例
 
3通
2
 
夫と妻の戸籍謄本
 ❖必要通数のうち1通は原本とし、残りは写しで可。
 
各2通❖
3 夫・妻・証人2名それぞれの身分証明書写
 
 
※新しい本籍地を夫又は妻の本籍地と別の市区町村に設ける場合は1及び2関しては,1通ずつ多く必要です。
※その際,新しい本籍地の住所の使用可否について,あらかじめ新本籍地を管轄する市役所に御確認ください。

フランス方式による婚姻の場合

  • フランス方式での婚姻の成立日から3か月以内に婚姻届を領事部窓口へ届け出て下さい。
  • 3か月を超えて届け出る場合は,遅延理由書も併せて提出していただくことになります。
  • フランス方式による婚姻の場合,郵送による届出も可能です。
◆必要書類(日本人間の婚姻の場合)  
1 婚姻届(窓口に用紙があります)
     届出用紙のダウンロード
     記入例
3通
2 夫と妻の戸籍謄本 
❖必要通数のうち1通は原本とし、残りは写しで可。
各2通❖
3 婚姻証明書(COPIE INTEGRALE D'ACTE DE MARIAGE)原本
❖必要通数のうち1通は原本とし、残りは写しで可。
※役所の印・サインがオリジナルのもの。Livret de Familleは不可
3通❖
4 同和訳文(当館所定の書式に記入) 
     書式のダウンロード
     記入例
3通
5 夫・妻のフランス滞在許可証  
※新しい本籍地を夫又は妻の本籍地と別の市区町村に定める場合は,1~4は1通ずつ多く必要です。
※その際,新しい本籍地の住所の使用可否について,あらかじめ新本籍地を管轄する市役所に御確認ください。
 
◆必要書類(配偶者の一方が外国人の場合)  
1 婚姻届(窓口に用紙があります)
     届出用紙のダウンロード    (記入上の注意)
     記入例
 
2通
2 戸籍謄本
❖必要通数のうち1通は原本とし、残りは写しで可。
 
2通❖
3 婚姻証明書(COPIE INTEGRALE D'ACTE DE MARIAGE)
※役所の印・サインがオリジナルのもの。Livret de Familleは不可
❖必要通数のうち1通は原本とし、残りは写しで可。
 
2通❖
4 同和訳文(当館所定の書式に記入)
     書式のダウンロード
     記入例
 
2通
5 外国人配偶者の国籍を証明する書類
(有効な旅券、フランス人の場合は身分証明書Carte nationale d'identitéでも可)
 
6 同和訳文(当館所定の書式に記入)
  書式のダウンロード(以下からお選びください)
      i. 旅券
      ii. 身分証明書
      記入例 (以下からご自分にあう例をお選びください)
      i. 旅券(フランス)
      ii. 身分証明書(フランス)
2通
7 届出人のフランス滞在許可証(申請中の場合は日本国旅券)写
 
1通

注意事項

  • 新しい本籍地を別の市区町村に定めるときは提出書類は全て3通となります。 その際,新しい本籍地の住所の使用可否について,あらかじめ新本籍地を管轄する市役所に御確認ください。
  • 4の外国人配偶者の国籍を証明する書類は,婚姻日及び婚姻届出時に有効なものが必要です。必ず原本を提示して下さい(※届出時に窓口でコピー後,すぐに返却いたします。 )。
  • 郵送で届け出る場合は,旅券又は身分証明書のコピーをとり,市役所で原本に相違ない旨の認証(“copie certifiée conforme”)を受けたものを送付してください。
  • 届出書については,署名及び印以外の部分はコピーしたもの又はパソコン等により入力・印字したものでも構いません。
  • 返信用封筒(A4同サイズ、返送先住所及び宛名を記載したもの)と切手(100グラム分)を同封の上,当館領事班宛てに届出用紙などの必要書類をご請求いただければ,郵送にて送付いたします。
送付先: Consulat Général du Japon à Strasbourg
  Section Consulaire
  20, place des Halles "Bureaux Europe, 9ème étage"
  67000 STRASBOURG